自分の家を安全安心なものにするために必要なこと

良くすることで

排水管からの悪臭やつまりの原因

流しであれば食べ物屑、トイレであれば排泄物やトイレットペーパーなどの紙類、浴槽であれば人脂皮かすや垢が排水管へと流れ込む。 流しやトイレ、浴槽などの排水管は悪臭が発生したり詰まってしまったり不具合を生じる事が多い。 油脂や有機物に細菌などの微生物が増殖し発酵することで悪臭が発生する。 付着物は細菌増殖に伴い、細菌が分泌した粘液でできるスライムと灰黒色の軟泥上の皮膜を形成する。ここに排水中の固形物が絡まり配管内で閉塞してしまう。 そして完全閉塞に至った場合、汚物が逆流してしまう恐れがある。 排水管の内部は目視できる訳では無い為、定期的に汚物量が少ないうちに閉塞物を除去し配管内部の汚物が育つのを防がなければならない。

排水管洗浄の具体的な方法

排水管洗浄には色々な手法がある。 排水管洗浄は原因となる油脂や有機物などを除去することで改善する。 一番ポピュラーな排水管洗浄はワイヤーブラシなどによる物理的な除去である。 この方法では固形物など直接的に除去できるが、配管奥が届かなかったり付着力が強い汚物などは取れない場合がある。 次に、高圧水による排水管洗浄という方法がある。これは高い圧力の水流で配管内の付着物を勢いよく流す方法である。高温水を使用して除去効率を上げる場合もある。 さらに化学反応の力で除去する手法がある。これはアルカリ性洗浄剤を排水管に流し込むことで管内付着物を速やかに溶かす。あわせて排水管内の悪臭原因である細菌類の除菌も同時に行われるため、衛生的に効果的である。