自分の家を安全安心なものにするために必要なこと

工事する

費用は入居者が負担、しかし手配するのは家主

アパートやマンション等の賃貸事業を営む際、入居者の異動があるたびに必ず行わなければならないのが原状回復工事です。 原状回復とは住人が退去したあと住戸を入居前の状態に戻すことをいい、具体的には入居中に生じた室内の傷み、汚れ、設備の破損などを修繕することを指します。物件の価値を維持し、次の入居者にとって魅力あるものにするためには欠かせない作業です。 一般的な賃貸借契約においては原状回復の義務は入居者が負うことになっていますが、入居者自らが手を下すということはまずありません。通常は工事に係る費用のみを負担し、相当額を家主が敷金から差し引くことで間接的に義務を果たします。そして工事そのものは家主が手配するという方式が一般的です。

専門業者に依頼することで業務を効率化

近年はこの原状回復工事を専門に手がける業者が登場してきています。そうした業者は原状回復を一括して請け負うため、家主としては塗装業者・設備業者・畳業者などそれぞれ個別に工事依頼をする必要がなく大変便利です。また、依頼すれば設備を最新式のものにリニューアルするなどして物件の価値をさらに高めるような工事も扱います(その分の費用は家主負担となります)。 さらに、業者の中には入居者との交渉を代行してくれる者もいます。そうした業者は、退去時の室内点検の際に立ち会って補修すべき個所をチェックしたり、工事費用が敷金の全額を充てても足りないほどの額に達した時に不足分を入居者から回収したりといった作業を家主に代わって行います。