自分の家を安全安心なものにするために必要なこと

工事する

購入する一戸建てではなく、賃貸物件で住んでいた場合、退去のときに原状回復をする必要があります。基本的に家主が工事の手配を行ないます。原状回復をする業者もいます。

Read More

良くすることで

排水管には日々様々なものが流されます。それらによって臭いがしたり詰まったりします。そういったときには排水管洗浄が必要です。排水管の洗浄の方法がいくつかあります。

Read More

変える

家の中にいながら、外の状態を見ることが出来るインターホンですが、状態によって交換する必要が出てきます。様々な性能のいいものが発売されていますが、防犯対策に優れたものを選ぶのもいいでしょう。

Read More

点検や必要設備

エレベーターは、老若男女問わず様々な人が利用する設備です。安全のために定期的に点検することが大事になってきます。現在存在するエレベーターは、様々な性能を兼ね備えています。

Read More

付ける業者選び

インターホンは、業者に依頼して取り付けてもらうことが出来ます。自分で行なうよりもきれいに取り付けてもらえます。インターホンの取り付けを行なっている業者選びのときには口コミも参考にしましょう。

Read More

問題がないように

インターホンの交換ならコチラで!大手2大メーカーの商品を比較して提案しているから、納得の仕上がり。無料見積もりも行なっています。

賃貸住宅の原状回復とは何か

賃貸住宅を借りる場合、原状回復という言葉をよく耳にすることがあります。この原状回復義務とは、借主が住宅を退去するときに、借りた時の状態に戻すことを言います。 例えば、夫婦げんかの際に壁に大きな穴を開けてしまった場合や、うっかり重たいものを落っことして床が大きくへこんでしまった時などは借主は修理をしなければならないのです。 もし、借りた時の状態に戻さずにそのまま退去してしまった場合には、入居時に支払った敷金から原状回復に使った金額を引かれてしまうのです。 ただ、注意するべきは、この賃貸住宅の原状回復義務はどこまでが借主の義務なのかややグレーな部分もあります。 例えば、壁に小さな穴を開ける場合でもネジで開けたのか、画鋲を指したのかで違いがあるのです。画鋲の場合は原状回復義務はないと言われています。

オーナーとの間でトラブルに注意

また、原状回復義務は通常の使用に関するもの以外に適用されます。つまり、冷蔵庫を置いておき、退去するときに冷蔵庫の後ろ側が黒くなった場合や、フローリングの上を毎日歩いていてフローリングが薄汚れてきた場合などは通常の使用にあたりますので、借主に原状回復義務はないということです。 この点でトラブルになりやすいのがオーナーはどこまで敷金を使うべきかというところです。最近増加しているトラブルに、敷金がほとんど返ってこないというものがあります。これは通常の使用をしていたにもかかわらず、オーナーはその修理やリフォームに自分のお金を使わずに敷金を使ってしまった場合などです。この場合は、オーナーの方で出費をするのが普通ですので、借主としては退去の際に写真を撮るか、原状回復に使ったとされる明細を見せてもらいましょう。